天文学

先日友達がゲーム作ったから家に見に来いよと誘われ、友達宅にお邪魔をしました。トムヤムをご馳走になり。ここで僕の友人の作品を紹介させてもらいたい。友人の名前は Ruben Tuberius Tipparach 日本語で読むと ルーベン トゥベリウス ティパラッチ。この長い名前でお気付きのかたもおられるかと、彼はタイ出身で同じ大学に通う友達です。

これが彼の作ったゲーム。

彼が興奮しながらそのゲームについて説明してくれている。このゲームは別の惑星を探すことができるんだよと、さらには星だって見つけれる名前だって付けれるんだよ。天文学は僕のフィールドではないためあまり興味がないけれども、彼の天文学への情熱と努力には尊敬の一言です。

This slideshow requires JavaScript.

彼の部屋で見つけた本。彼はコンピューターサイエンス専攻で天文学とは特に接点はないのですが。図書館で本を借りてまでしてこういった勉強を自主的行っているんです。


終わりに彼から意見を頂ました。ドルカスでハワイにある W. M. Keck Observatoryへ行けと。
才能多彩なRubenの紹介でした。

Advertisements

Miamiからの報告

12月の寒い季節に山本周平OBは今プロアスレティックトレーナーとして暖かいマイアミで仕事中。
その仕事ぶりを少しだけ拝見させてもらいしょう。

デトロイトへ経由でマイアミに向かう機内。

選手たちが朝練前のウォームアップ。

とっても豪華なホテルに宿泊しているようです。

続きは周平君のブログから http://ameblo.jp/cookyamamoto/

体に気をつけてがんばってください周平君!

山T日記

以前このブログでドルカスOBをご紹介したように、山本周平OB https://dorcusac.wordpress.com/2011/08/12/
今日はそのOBが働く現場をを記録したBLOGを紹介したいと思います。

UNLVラスベガス大学を卒業した周平OBは現在東京アメリカンクラブでパーソナルトレーナー、TEAM YONEZAWA(ジュニアテニスチーム)アスレチックトレーナー、スポーツセーフティージャパンで安全講習会講師として活動している。周平OBの活躍は日本だけでは収まらず、東京にLAあるときはフロリダ時々浜松と忙しい日々を送っています。このBLOGは周平OBの仕事現場や休日の生活の様子を日記していて彼の活躍をオンラインからご覧になれます。

ドルカスアドベンチャークラブ出身、山本周平OBのBLOGを是非拝見してみてください。

山T日記:    http://ameblo.jp/cookyamamoto/

周平OBが投稿しているBOLG:   http://www.team-yonezawa.jp/blog/

ミネソタ州の冬がスタートです。
待ちに待ったかのようにに、この雪化粧した街の写真を見せるのはなんだか複雑です。
なぜなら、この雪は来年5月の始めまで残り。毎日学校へ行くのも雪の寒い中歩かなければいけないからです。
今年のミネソタ州の冬、雪は去年より一ヶ月以上も遅く。11月の中ごろに雪が降り出すのは数年ぶりだそうです。

今日の午前中はすっきり晴れてサンダル、ジーパンにジャケット一枚来て学校へ通学したのに。午後の5時ごろにはこの通り。
大雪でした。

次回はこの雪がかぶった街の写真のを多くブログにアップしますので。お楽しみに。

 

 

Halloween

10月31日のハロウィーンを前に街中がそのムードに変わってきました。
近所の多くの家ではパンプキンに顔を彫り玄関に飾っているます。

スーパーではこんな感じの犬用のコスチュームまで販売しています。

ダウンタウンでは小さいパレードが行われます。

Pakistani Curry

今回はハウスメイトのBilal Sohail Qureshi君にどのようにカレーを食べるのか教えてもらい写真でお伝えします。
Bilal君はパキスタン国籍のサウジアラビア育ち。
パキスタンはインドのようにカレーを頻繁に食べる習慣があり。
手で食べるのは昔からの習慣のようで近年パキスタンではスプーンを使って食べる習慣に変わっているようです。


チキンカレーを手で食べているのですが日本と一番の違いがあるんです。
日本ではご飯にカレーをのせて食べ、ご飯を主に食べる。彼らはカレーを食べるんです。


恥ずかしいから写真取るのは勘弁してということでしたが。カレーの食べ方を教えてくれたBilal君に感謝です。

少しだけ日本と異なる海外の文化はどうでしたか?

Ducks!

Following previous post, I found the 3 hunters who just got back from hunting on Sun morning.
Sure, you are surprised if you live in Japan or somewhere else except U.S.
They are holding a GUN! and painted face. See what’s up with them

前回はたまたまハンティング衣装を発見したところをカバーしましたが今回はその衣装を着ていた本人達とばったり。
天気の良い日曜日の朝、ハンティング帰りの3人組を発見。
まだ顔にはうっすらペイントが残り、銃を握って写真に応答してくれました。

これは仕掛けでこの模型を湖に投げて仲間だと思ってこれに集まってきた鴨を仕留めるのだそうです。

捕らえたダックはこのようにして簡単に家の裏の駐車場に置かれていた。

もちろんこの鴨は彼らによってさばかれ冷凍保存し食べられるのです。

ミネソタではこのようにハンティングした鴨や鹿は人々の食料になり。ただの趣味ではなく。寒い冬を生き抜くための手段でもあるのです。