Interview article

前回、ドルカスメンバー鈴木雅人君の野依科学奨励賞受賞をお伝えしたところですが、今回は受賞後に行われた雅人君へのインタビュー記事が中日新聞に載せられています。

興奮を隠せない雅人君はこのように語っています。
「他の人の研究が本格的ですごかった」、「データを集めるのは面倒だけど、分からないことを追究することが楽しい」。

「分からないことを追究することが楽しい」 こんな言葉を子供から聞けることができて嬉しい限りです。
今年度も雅人君は継続して夏の課題研究に取り組んでいるということです。

中日新聞記事; http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110814/CK2011081402000008.html

Advertisements

Achivement by Masato

Dorcus wants to announce the greatest achievement that has done by Masato Suzuki, one of the Dorcus members. He won the prestigious award called Ryoji Noyori Science Award, who won the Novel Prize in Chemistry in 2001. The prize is given only 11 children from all over Japan. The wonderful accomplishment was made by heavily researching in basic rocks. The research was focused on how to crack rocks with precise intention. He solved the problem that basic rock is hard to separate properly with tools. He attempted to the difficulty to find what part of rocks are fragile and easy to break. He continuously tried to discuss with an expert in the field and make effort to it. He concluded that how to cut a ideal shape of rocks by making sure that from what degree the knife goes to rocks.

ドルカスから嬉しいご報告です。
ドルカスメンバーの鈴木雅人が国立科学博物館主催の2010年度「野依科学奨励賞」を受賞しました。彼は石器採集体験をしたことがきっかけで、さまざまな岩石の調査を開始し、この受賞研究のテーマである「石斧を思い通りに割る方法」を調査した結果、彼の努力がこの受賞へと導きました。

Here is the link:
Japanese Newspaper http://www.at-s.com/news/detail/100049978.html